母の大腸癌+人工肛門+認知症+14年来の難病=シングル在宅介護をするしかない娘のブログです。
2017年07月30日 (日) | 編集 |
おかんの人工肛門(ストーマ)のサイズがついに 55mm×48mm になってしまいました。

平面のパウチで、恐怖のウン〇漏れ地獄を味わったおかんは、いえ、地獄を味わったのは介護者のワタシですがw、その後、凸面のお高いパウチで、なんとか落ち着いていました。

が、1月に抗癌剤治療をやってから、もともとの難病が悪化し、ステロイド薬が増量になった結果、
食欲がUpし、体重が短期間に16㎏も増えてしまいました。

当然、お腹はせり出し、人工肛門が巨大化!!ほんっとうにでかいですっ!!

人工肛門は、腸の切り口をくるっと裏っ返しにして、お腹に縫い付けられるようにして造られています。
あの巨大梅干しくんはモロ腸なんですよ!!!!! しかも腸の内側。 いつも見てます、腸の内側を。(お見せできないのが残念)

 は~。

凸面のパウチだと漏れることが少ないので、このままいきたかったのですが、サイズが直径55mmまでのものしか作られてないそうで、たいへん困っています。

パウチは、人工肛門より1~2mm大きめにカットする必要があるので、いえ、肉芽ができちゃったので、今は3~4mmは余分にカットしないといけないので、直径59mm対応のものが必要なんです。

だけどサイズが合う凸面パウチはこの世に売ってないという・・・@@;

またまた恐怖のウン〇地獄がはじまってしまうのか・・・・・・・

とりあえず、平面パウチですが、フリーカットで直径64mmの人工肛門まで対応可能のものを探して、サンプルを取り寄せました。

20170730_pauti01.jpg

左は、ホリスターのモデルマフレックスSF ロックンロール オーバル。
右は、コンバテックのエスティーム インビジクローズ ドレインパウチ 中長期。

なんちゅー長ったらしい名前なんだ(°_°)

見た感じ、平面パウチはぺらっぺらで、おかんの張りのあるでっ腹に耐えられそうにない気がします・・・
本当にMAX64mmまでカットしても耐えられるのかしら??
次回交換時にどちらかを試してみます。どうか地獄を見ませんように。。。(祈)


追記:
 今日は23時過ぎまでおかんはテレビを見ていました。
 寝る前に薬を塗り塗りする仕事があるワタシは、さきほどやっと解放されました;;
 よっしゃ、世界水泳だ!!!



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ  にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ
  


    ◆わんこブログ居眠りわんこ


スポンサーサイト