母が、穿孔性腹膜炎、S状結腸癌に。 人工肛門+認知症のシングル在宅介護を娘が綴ります。
2017年04月12日 (水) | 編集 |
4/10の記事に書きました、指定難病の申請なんですが、
先生に依頼した診断書(調査書)が出来上がったので、病院に取りに行って来ました。


重症度分類に関する事項 が、

IMG_0300.jpg

まさかのオール1

有り得ない軽症診断

非常に残念ですが、先生は『病気も病人も診ていない』 ということが明らかになってしまいました。
「病気を診ずして病人を診よ」 という理念の病院なんですけどね。<慈恵会


ワタシ、事前にちゃんと調べたんですよ。
身体の部位ごとに、皮疹の数や大きさを点数化するんですが、
背中・臀部、手足、上下肢の7項目は、素人が見ても3点に当たり(7×3=21点)、
頚部には皮疹がありませんので0点、腹胸等4項目は1点かな(4×1=4点)、
ざっくり数えても合計25点で中等度に当たると思うのです。

百歩譲って軽症だとしても、全部位が均等に1なわけないでしょーヽ(`ω´*)ノ彡☆

IMG_0308.jpg

この難病申請はですね、軽症だと承認されないんですね。
意味なかったかもしれません。めんどうな上に、約4千円かかったというのに・・・。

この後、審査は県がするとのことで、あとはトータル医療費を考慮されればもしかして承認か??
しかしながら承認される可能性は限りなく低いと思います。
この結果は、3ヶ月後に出るそうで、難病の高齢者は待ってる間に死んでしまうかもしれませんね。

結果によっては、3ヶ月後ワタシはクレーマーに変身するかもしれません(`∀´)
と言っても、常日頃おかんがお世話になってる病院なので、なんとも・・・ねぇ。

ま、しょうがない。怒ると自分が損するので、冷静に3ヶ月間待つことに致しましょう。


 お次はこれです↓
人工肛門パウチ給付券の申請。こっちは市役所に提出します。
IMG_0298.jpg

これは半年ごとに申請が必要なので、忘れないようにしなきゃ~。



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆



スポンサーサイト