母の大腸癌+人工肛門+認知症+難病+糖尿病=シングル在宅介護をするしかない娘のぼやき
2016年12月06日 (火) | 編集 |
主人公は私の母(おかん)、2016年に80歳になりました。
2016年は、まさに人生の転機と言えるかもしれません。


 <母の体調の変化>

◆2016年5月 敗血症性ショックで、救急搬送、入院しました。
             ↓
 命の危機を乗り越え退院したものの、炎症反応がなかなか下がらず通院治療が続いていました。そんな中、

◆2016年11月 急な腹痛で救急搬送、CT検査で腸に穴が開いた疑い、「朝までもたない」と言われ、緊急手術になりました。
  肋骨の下から恥骨の上まで大きくお腹を切りました。
             ↓
 S状結腸穿孔、穿孔性腹膜炎、原因は、S状結腸癌だと分かりました。
 傷んだ腸は24cm切除し、人工肛門(ストーマ)になりました。


 <時を遡ると・・・>

◆2002年頃、水疱性類天疱瘡(指定難病)という自己免疫性疾患に罹患し、以降14年間ず~っとステロイド(プレドニン)を飲み続けています。完治することはなく、寛解と増悪を繰り返しています。

◆2016年1月くらいから、痒疹、結節性痒疹が混ざり、身体中ひどいことになりました。

◆2011年頃(75歳くらい)からかな?認知症と思われるおかしな言動が現れていました。
 でもずっと病院拒否だったので、4年ほど経ってから、やっと病院に連れて行けました。
 2015年9月から抗認知症薬アリセプト(ドネペジル)を飲んでいます。

 <2016年12月、要介護1>
 <2016年12月、身体障害者4級>
 <2017年6月、要介護2へ>

2018年3月24日追記:
◆2018年1月 糖尿病発症。
◆2018年3月 癌が肝臓に転移。




元気いっぱいだった人が、老化とともに、次々に病気になっていく。しかも重いやつばかり;
理想だったピンピンコロリは、母にはもう無理になってしまいました。
この先どうなっていくのか?もっと苦しむのか?不安でたまりません。


 私は遅い子供だったので今40代後半、同年代の人より少し早い?介護のはじまりです。
 手伝ってくれる家族や親戚はいません。
 どうなる?たったひとりの在宅介護。



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ   にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ   にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 3つになっちゃった^^;



スポンサーサイト