母が、穿孔性腹膜炎、S状結腸癌に。。人工肛門+認知症のシングル在宅介護を娘が綴ります。
2017年02月27日 (月) | 編集 |
ケアマネさんは、月1回は訪問する決まりらしいですね。

「看護師によって対応は違いますか?」 と聞かれたので、

ああ、あれか、ワタシの苦手な看護師Hさんから何か聞きましたね?

こっちがあちらを苦手ということは、当然あちらもこっちが苦手ということですからね。

ワタシは詳細は話しませんでしたが、苦手だということは話してしまいました。

今後、どうなるのか? 乞うご期待w


 今日の訪問看護師は久しぶりにNさんでしたので、と~っても気が楽でした。

こうも違うとは驚きですね。

抗癌剤についての相談もしてしまいました。頼りになります。ありがたいありがたい。


 ま、当人はおかんなわけですけれども、今日は2人も明るい人が来てくれたからか?機嫌が良かったです。

なによりなにより。



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆



スポンサーサイト
2017年02月25日 (土) | 編集 |
親戚から電話がかかってきて、おかんがおしゃべりしました。

「具合はどう?」 などと聞かれたようで、おかんは、

「入院したり退院したり通院したり。すい臓を切ったからね。」 と答えていました。

 す、す、すい臓 ですか?@@;

 これはまた、斬新なお答えで。

訂正したほうがいいのかな?とも思いましたが、親戚には、おかんが軽い認知症であることも
今回の大腸癌のことも伝えてあったので、まあいいか。

 ちなみに、おかんの友人から電話がかかってきた時は、おかん宛てではなく、
娘であるワタシ宛てになってしまいました。いつの間にか。
「母に代わりますね。」 とワタシが言うと、
「いいの!いいの!あなたにかけたんだから。」 と強めに止められます。


 そうですか、そうですか・・・。



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆



2017年02月23日 (木) | 編集 |
CA19-9 という腫瘍マーカーの値が下がっていました。
 『47』 です。

(基準値は 『37以下』 です。)

昨年末は、『171』 だったので、今回47に下がったということは、抗癌剤が効いたということなんでしょうか?
と言っても、FOLFOXを、入院して1クール と、
TS-1を、在宅で5日間飲んだだけで、副作用が出て、治療は中断しているのですが。

当初は半年に渡って、抗癌剤治療を続ける予定だったんだけど、もともとの難病もあり、
現在、皮膚の状態がすごぶる悪く、今回も抗癌剤治療を再開することはできませんでした。
皮膚を改善するために、プレドニン(ステロイド)を飲む量が10mgと、今までの倍に増えてしまいました。
これでは、癌細胞を自力でやっつけるための免疫力が下がってしまいますね・・・。
でも、皮膚を改善させないと・・・。

 考えてもどうにもならないので、もう考えないことにして、ワタシは毎日おかんの痒疹
 ひとつひとつに、せっせと軟膏を塗っていくことにいたしましょう。



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆



2017年02月22日 (水) | 編集 |
今日はワタシの話、2/12の記事の続きです。

2/8のNHKガッテン、「つら~い冷え性」 の回で、
冷え性だと血管が硬くなって老化が進む っていうのをやりまして、
よく言われる高血圧のリスクとは別に、血圧変動が激しい人はリスクが高いというのが分かったのです。

見分け方として、
血圧を座って測った時と、一度立ち上がって座って再度測った時の、上の血圧の差が
15以上あるとヤバいかも、脳梗塞のリスクが高くなる ということです。

ワタシは前回その差が 18 もありまして、ひょえ~@@;と思ったわけです。
その後10日間程、血管のばしストレッチをやりましたので、改善していることを期待して
再び、病院の血圧計で測定しました。

20170221ketuatu.jpg

その差やっぱり 18・・・
ただ立っただけで、ばーんと跳ね上がってしまう血圧変動、全く変わってないじゃん 〇| ̄|_

  変動してても低血圧の範疇ならOKってことはないのかな?・・・



    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆



2017年02月21日 (火) | 編集 |
トイレから出てきたおかんの手には、使用していたパウチがありました。ぁぅ~
剥離剤を使わずに、メリメリと力だけでパウチを剥がしたであろうそのお腹には、点々と血がにじんでいました・・・;

 もうやめてあげて~!

と、言ったところで後の祭り、ワタシにはどうすることもできないのです。
できることと言えば、血がにじんだところに保護パウダーをつけ、その上から新しいやわぴたパウチをおかんのお腹に貼り付けることだけ。淡々とね。


 人工肛門初公開。 
 でも、ちっさい画像にしました。
20170220pautihatta_20170221003710da8.jpg
真ん中にある赤い梅干しみたいなのが、おかんのお腹に造られた人工肛門です。
その周りに、パウチという装具を貼り付けて、ウン〇を溜めていきます。
人工肛門は便意を感じることがありません。
だんだん溜まっていくので、最下の排出口からトイレに流します。

天然の肛門のほうは、もう二度と使うことはありません。

 ずいぶん慣れました。            ・・・と思います。


    ★ご訪問ありがとうございます。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ  にほんブログ村 病気ブログ 人工肛門・人工膀胱へ  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


    ◆わんこブログ居眠りわんこもやってます◆